PR

ニュース 国際

英与党党首選、初回投票はジョンソン前外相がトップ

 ハント氏をめぐっては、昨年7月の訪中時に、自身の妻を中国人だと説明するはずが「日本人」と言ってしまった失言が取り沙汰された。ただ、過去に人種差別と批判される失言を繰り返したジョンソン氏に比べると「選出の上でマイナスにならない」(支持者)との指摘もある。

 穏健離脱派では、2016年の国民投票時にジョンソン氏とともに離脱運動を主導したゴーブ氏も一定の支持を獲得している。

 ゴーブ氏は同年に行われた前回の党首選でジョンソン氏を裏切り、出馬したことから「因縁の仲」とされる。ゴーブ氏は10日の出馬会見でも、ジョンソン氏を名指しで露骨に挑発した。

 メイ氏は12日の下院討論で、党首と首相は辞任するものの、下院議員として活動を続ける意向を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ