PR

ニュース 国際

金与正氏が板門店で弔辞 金大中元大統領夫人死去で

12日、板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で北朝鮮の金与正・朝鮮労働党第1副部長(右)から弔辞とみられる書類を受け取る韓国大統領府の鄭義溶国家安保室長(韓国統一省提供・共同)
12日、板門店の北朝鮮側施設「統一閣」で北朝鮮の金与正・朝鮮労働党第1副部長(右)から弔辞とみられる書類を受け取る韓国大統領府の鄭義溶国家安保室長(韓国統一省提供・共同)
その他の写真を見る(1/5枚)

 【ソウル=桜井紀雄】韓国の金大中(キム・デジュン)元大統領の李姫鎬(イ・ヒホ)夫人が10日に死去したことを受け、北朝鮮の金正恩(ジョンウン)朝鮮労働党委員長は12日、妹の金与正(ヨジョン)党第1副部長を軍事境界線がある板門店(パンムンジョン)の北朝鮮側施設「統一閣」に派遣し、弔辞と弔花を韓国側に送った。

 韓国側から大統領府の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長らが出向いて受け取った。鄭氏らに対し、与正氏は、金正恩氏には李氏への格別な思いがあったと説明。「民族間の和解や協力に尽力された李女史の遺志に従い、北南間の協力が続くことを願う」と述べた。金正恩氏から文在寅(ムン・ジェイン)大統領へのメッセージなどはなかったという。

 李氏は2000年の初の南北首脳会談で金大中氏に同伴して訪朝したほか、金正日(ジョンイル)総書記が11年に死去した際も平壌に弔問に訪れて金正恩氏と対面するなど、北朝鮮との関わりは深い。

 金正恩氏は妹を遣わすことで李氏への敬意を表した形だ。米朝非核化交渉だけでなく、南北対話も停滞する中、韓国側には、北朝鮮の弔問団がソウルを訪れれば、対話再開のきっかけになるとの期待もあったが、与正氏が“越境”するまでには至らなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ