PR

ニュース 国際

明治2年の日本人移住から150年祝う 米カリフォルニア州

「若松コロニー」を訪れた白石菜織さん(中央右)やバーバラ・ジョンソンさん(同左)ら=8日、米カリフォルニア州ゴールドヒル(共同)
「若松コロニー」を訪れた白石菜織さん(中央右)やバーバラ・ジョンソンさん(同左)ら=8日、米カリフォルニア州ゴールドヒル(共同)

 日本人が1869(明治2)年に初めて米カリフォルニア州ゴールドヒルに移住してから150年を迎えた8日、かつて「若松コロニー」と名付けられていた入植跡地で記念式典が行われ、子孫数人を含む日米関係者ら約1000人が往時をしのんだ。関係者によると、入植者は戊辰戦争で敗れた旧会津藩出身者など約30人。日本人が初めて北米大陸に入植した場所でもあり、近年は州史跡に指定されて整備が進む。

 子孫の一人で京都大1年の白石菜織さん(19)は「入植跡地を実際に目にして先祖の勇気と苦労に思いをはせた。私も挑戦の志を持ち、視野を世界に広げていきたい」と述べた。

 若松コロニーはサンフランシスコの北東約200キロ。開拓団は一帯がゴールドラッシュで沸く中、軍事顧問だったドイツ人と共に入植。茶と絹の生産を目指したが、資金難や天候不良などにより2年足らずで失敗に終わり、一部を残して多くは帰国した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ