PR

ニュース 国際

F35からトルコ排除 米国防省、露製ミサイル導入で通告

 【ワシントン=住井亨介】米国防総省は7日、トルコがロシア製地対空ミサイル「S400」を導入すれば、米国の最新鋭ステルス戦闘機F35の国際共同開発プログラムへの参加を凍結し、機体を供給しないとトルコ側に通告したことを明らかにした。シャナハン米国防長官代行が6日、トルコのアカル国防相に書簡を送った。

 トルコは、F35の国際共同開発プログラムに参加し、100機の導入を計画している。シャナハン氏は書簡で、7月31日をもって米国でのトルコ人パイロットの訓練を中止し、新たな訓練も行わないことなどを通告。「トルコのS400調達は、米国や北大西洋条約機構(NATO)との連携強化・維持にとって障害になる」と警告した。

 ロイター通信によると、S400の納入は7月に予定されている。米国は、トルコのS400導入がNATO残留の是非に関わる問題だとして再三にわたって懸念を示してきた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ