PR

ニュース 国際

トランプ政権、台湾に主力戦車など20億ドル相当売却へ

 【ワシントン=黒瀬悦成】ロイター通信は5日、トランプ米政権が台湾に主力戦車など総額20億ドル(約2167億円)以上相当を売却する見通しだと報じた。議会にも非公式に通知したとしている。中国の軍事的脅威をにらんだ台湾の軍装備近代化を支援するのが狙い。

 同通信が複数の関係者の話として伝えたところでは、売却されるのはM1A2エイブラムス主力戦車108両と、携帯型地対空ミサイル「スティンガー」250発、TOW対戦車ミサイル1240発など。

 台湾軍は米国製のM60パットン戦車を主力戦車として使用しているが、旧式化が進み、更新が必要になっていた。

 シャナハン国防長官代行は1日、シンガポールで開かれたアジア安全保障会議で、中国に対抗する狙いからインド太平洋地域の同盟・パートナー諸国の軍事力強化を支援する意向を表明していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ