PR

ニュース 国際

夫は4歳の息子を残して逝った 天安門事件の遺族「何が起きたか国民に知らせて」

天安門事件で殺された夫、楊明湖さんの遺影を手に取材に応じる尤維潔さん=5月、中国・北京(西見由章撮影)
天安門事件で殺された夫、楊明湖さんの遺影を手に取材に応じる尤維潔さん=5月、中国・北京(西見由章撮影)
その他の写真を見る(2/2枚)

 「母親一人で子供を育て、どんな圧力にも耐えてきました。『天安門の母』のメンバーはみな、苦難の道を歩いてきたのです」

 中国人民大元副教授の丁子霖(てい・しりん)さん(82)らが発起人となって創設した同会は、独自調査で202人の犠牲者とその遺族を探し出したが、全体のごく一部でしかない。中国当局が公表した犠牲者数「319人」も尤さんは信じない。

 「正確な人数はわかりませんが、政府発表は少なすぎる。夫と一緒に運ばれて亡くなった6人もいまだに身元が分からないのです」

 一時は180人を超えた遺族メンバーだが高齢化が進み、55人が亡くなった。2014年の25周年を前に丁さんから代表(広報担当者)就任を打診され、無条件で引き受けた。

 「政府が法を犯した大事件が30年たっても解決していない。これで法による統治といえるでしょうか」。尤さんは習近平指導部が掲げるスローガンへの不信感を隠さない。

 それどころか中国当局はメンバーを厳しく監視し、肉親が亡くなった場所に献花することも禁じている。

 「中国メディアにこそ取材してほしい。そして六四で何が起きたかを自国民に知らせてほしい」

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ