PR

ニュース 国際

中国国防相、米と対決姿勢「台湾分離なら戦う」

アジア安全保障会議で演説する中国の魏鳳和国務委員兼国防相=2日、シンガポール(共同)
アジア安全保障会議で演説する中国の魏鳳和国務委員兼国防相=2日、シンガポール(共同)

 【シンガポール=森浩】中国の魏鳳和(ぎ・ほうわ)・国務委員兼国防相は2日、シンガポールでのアジア安全保障会議で講演し、台湾や南シナ海問題をめぐる米国の対応に「断固として反対を表明する」と述べ、対決姿勢を鮮明にした。

 中国が自国の一部と主張する台湾について、「中国から切り離そうとする者があれば、いかなる犠牲もいとわず戦う」と言明。名指しは避けつつも、台湾海峡で艦船の航行を繰り返す米国を強く非難した。

 南シナ海で中国が軍事拠点化を進めている問題で、魏氏は「防衛目的だ」とも主張。その上で「自らの主権が及ぶ領土に施設を作ることが、なぜいけないのか」などと正当化した。

 国防相の立場では異例ながら、米国との貿易摩擦問題にも踏み込んだ。

 中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への規制に対し、「民間企業であり制裁には反対だ」と述べた。

 魏氏は、「(中国は)戦争は起こさない」「周囲に脅威を与えることはない」と述べたが、「(米国が)対話したいのならドアは開いている。戦いたいのなら戦う」として、強硬姿勢を崩さなかった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ