PR

ニュース 国際

米メキシコからの輸入品に5%関税 不法移民対策を促す

 【ワシントン=黒瀬悦成】トランプ米大統領は30日、メキシコ国境から同国や中南米諸国など出身の不法移民が流入している問題にメキシコ政府が真剣に対処していないとして、同国からの輸入品の全品に対し6月10日から一律5%の関税をかけるとツイッターで明らかにした。

 トランプ氏は「関税はメキシコ国境からの不法移民の流入が止まるまで課せられる」とした上で、「不法移民問題が解決されない限り、関税率は徐々に引き上げられる」と警告した。

 トランプ氏はまた、ホワイトハウス発表の声明で、状況が改善されなければ関税率は7月1日に10%、8月1日に15%、9月1日に20%、10月1日に25%になると指摘した。

 さらに、「メキシコが協力に消極的なために移民の大量侵入を招いたことが危機を引き起こし、米国の安全保障と経済に対する重大な脅威となっている」と批判。「メキシコには強力な移民法があり、移民らを祖国に送還するなどして違法な移民の流れを簡単に止めることができるはずだ」などと主張した。

 一方、ロイター通信によるとメキシコのセアデ外務次官は、関税が課されれば「破滅的(な事態)となる」と危機感を表明した。

 米当局者によると、メキシコ国境には連日4500人の移民が殺到し、既に約8万人が国境警備当局に拘束されているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ