PR

ニュース 国際

受刑者移送、越と条約合意 円滑な社会復帰目的

 法務省は30日、日本とベトナムが受刑者を相互に移送できるようにする2国間条約を結ぶことについて実質合意したと明らかにした。母国で服役する機会を与え、円滑な社会復帰を図る。

 法務省によると、今年3月末時点で日本にいる外国人受刑者のうち、ベトナム人は国籍別で3番目に多い133人(速報値)。ベトナムは締結国間で移送が可能となる欧州評議会の「受刑者移送条約」を結んでいないため、個別の条約が必要だった。これまで日本はタイ、ブラジル、イランと2国間条約を結んでおり、中国とも交渉中。

 受刑者移送条約に基づく国際受刑者移送法が平成15年6月に施行されて以来、日本から各国に移送された外国人受刑者は、30日現在で計429人に上る。一方、各国から受け入れた日本人受刑者は計10人。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ