PR

ニュース 国際

5G時代を日米連携で導こう ハガティ米駐日大使ら寄稿

ウィリアム・ハガティ米駐日大使
ウィリアム・ハガティ米駐日大使
その他の写真を見る(1/2枚)

 ウィリアム・ハガティ米駐日大使とマーシャ・ブラックバーン米上院議員(米南部テネシー州選出、共和党)が29日、産経新聞に5G時代の日米関係について寄稿した。

 米南部テネシー州ナッシュビルでは春になると、ダウンタウンの通り沿いで桜が咲き始める。この景色を見ると、日米の変わらぬ友情を思い出す。日米の太平洋を越えた絆は深い。双方向の投資による強固な経済関係は、両国で多くの雇用を生み出し、相互の繁栄を支えている。

 日米の深い経済関係の根底にあるのが、両国が共有する基本的価値観だ。自由で公平な選挙、独立したメディア、そして市場経済は、両国民が普遍的に受け入れている理想を端的に表している。

 各国の通信会社が5G(第5世代移動通信システム)ネットワークを導入する中、忘れてはならないことがある。自由とテクノロジーは互いに支えあう関係にあることだ。

 接続性が高まると、多様なアイデアが国境や大陸を越えて自由に流れ出す。そして、個人が考えを発信できるようになる。日米は言論の自由を、技術進展とともに発展すべき普遍的な人権と捉えている。しかしインド太平洋地域の一部では、その権利がますます危険にさらされている。

 日本は、国民が自らの考えを自由に表明できるインド太平洋地域の模範国の一つだ。対照的に中国政府は、個々の国民を厳しく監視し、反対意見や批判の兆候を探っている。

 技術大国である日米は、プライバシーなどの人権や基本的な自由を守る強い決意を有している。5Gの出現は、われわれのコミュニケーションや暮らしを大きく変える可能性を持ち、同時に技術革新と経済成長も促す。両国は5G時代への移行にあたり、安全なサプライチェーン(供給網)の必要性を共有しているため、持続したパートナーシップ構築の機会がある。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ