PR

ニュース 国際

米国務長官、欧州歴訪へ イラン問題など協議

 【ワシントン=住井亨介】米国務省は24日、ポンペオ国務長官が5月30日~6月5日の日程で、ドイツ、スイス、オランダ、英国を訪問すると発表した。イランとの緊張が高まっている中、対イラン政策をめぐって欧州各国との間にできた溝を埋めたい考えだ。

 ポンペオ氏はドイツでメルケル首相と会談する。今月上旬の欧州歴訪では、イラン情勢への対応でメルケル氏との会談を急遽(きゅうきょ)取りやめていた。

 スイスではカシス外相や世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長らと会談。オランダではルッテ首相とともに経済関係の会合に出席し、英国では国賓として訪英するトランプ米大統領に同行する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ