PR

ニュース 国際

メイ英首相、6月7日辞任を表明 次期党首選実施へ

6月7日に与党・保守党の党首を辞任すると会見で表明したメイ英首相=24日、ロンドン(AP)
6月7日に与党・保守党の党首を辞任すると会見で表明したメイ英首相=24日、ロンドン(AP)

 【ロンドン=板東和正】英国のメイ首相は24日、欧州連合(EU)からの離脱をめぐる混乱を受け、6月7日に辞任すると表明した。与党・保守党は辞任を受けて党首選を行い、次期首相を選出する。メイ氏の後任候補には、ジョンソン前外相ら複数の強硬離脱派の名が挙がっており、離脱の行方が一段と不透明になる恐れがある。

 メイ氏は24日、保守党幹部と面会後、「6月7日に保守党党首を辞任する」と述べた。また、「英国のEU離脱を実現できなかったことを心から後悔している」と語るとともに、後任に離脱の実現を託した。

 メイ氏は今年に入り、EUとの離脱協定案を3度にわたって下院で否決され、保守党などから退陣を迫られていた。今月21日には、条件付きながら2度目の国民投票を容認する考えを示し、野党の取り込みを図ったが、メイ政権で議会運営を担うレッドソム下院院内総務が反発して辞任するなど、混乱が広がった。

 また、国民投票の再実施に言及したことが与野党の猛反発を招いた。

 保守党では、強硬離脱派の重鎮、ジョンソン氏が16日に出馬の意向を表明。ラーブ前EU離脱担当相やレッドソム氏といった強硬離脱派も取り沙汰される。英メディアは、6月10日の週にも党首選が始まるとの観測を伝えている。

 同派の議員が首相に就任した場合、メイ氏がEUと合意した離脱協定案を白紙に戻す可能性がある。「合意なき離脱」による経済の混乱が危惧されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ