PR

ニュース 国際

中国、邦人男性に懲役15年 国家機密「不法に入手」

 【北京=西見由章】中国の海南省第一中級人民法院(地裁)は20日、国家機密を不法に入手したなどとして、50代の日本人男性に懲役15年の実刑判決を言い渡した。10万元(約160万円)の個人財産没収も命じた。日本政府関係者が明らかにした。

 中国当局は2015年以降、スパイ活動に関与したなどとして日本人の男女13人を拘束、うち9人を起訴。これまで6人に懲役12~5年の実刑判決が出ていたが、男性は最も重い刑を言い渡された。

 男性は「大連和源温泉開発公司」(遼寧省大連市)の社員。17年3月、海南省で地質調査を行っていたところ拘束された。中国メディアは、男性のノートパソコンなどから地図を含む大量の機密関連資料が見つかったと報じている。

 同社と地質調査会社「日本地下探査」(千葉県船橋市)の社員計6人が山東省と海南省で拘束され、うち4人は17年7月に帰国した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ