PR

ニュース 国際

「日本はインフラ投資で幅広い経験」 来日中のAIIB総裁が提携に意欲

記者会見するアジアインフラ投資銀行(AIIB)の金立群総裁=20日、東京・内幸町の日本記者クラブ(三塚聖平撮影)
記者会見するアジアインフラ投資銀行(AIIB)の金立群総裁=20日、東京・内幸町の日本記者クラブ(三塚聖平撮影)

 中国主導の国際金融機関、アジアインフラ投資銀行(AIIB)の金立群(きん・りつぐん)総裁は20日、東京・内幸町の日本記者クラブで記者会見し、日本の金融機関などについて「アジアのインフラ整備に関する投資で幅広い経験を持っている」と述べ、提携に意欲を示した。

 金氏は「地域のプレーヤーと一緒に協調融資をもっと伸ばしていきたい」と強調。その上で、日本の商業銀行のほか、アジア開発銀行(ADB)や国際協力銀行(JBIC)、国際協力機構(JICA)といった具体名を挙げた。一部の金融機関とは21日に会談するという。

 一方、米中間で激化している貿易摩擦については、「主要な世界の経済大国の間で何か問題が生じれば、結果的に途上国に影響が出ることは不可避だ」と懸念を示した。

 AIIBは新興国のインフラ整備を資金面で支援するため、中国が主導して2015年12月に発足した国際金融機関。中国の影響を懸念した日米は参加を見送っている。金立群氏は、中国の財政次官やADB副総裁を歴任し、AIIBの初代総裁に就任した。(三塚聖平)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ