PR

ニュース 国際

イラン外相「米との戦争望まぬ」  王毅氏とは核合意存続で一致

17日、北京で王毅国務委員兼外相(右)と握手するイランのザリフ外相(ロイター)
17日、北京で王毅国務委員兼外相(右)と握手するイランのザリフ外相(ロイター)

 【北京=西見由章】イランのザリフ外相は17日、中国の王毅国務委員兼外相と北京で会談し、米国が離脱したイラン核合意を存続させることで一致した。王氏は米国の独自制裁などに対し「断固とした反対」を表明。核合意をめぐる争いの本質は「多国間主義と(トランプ米政権の)一国主義との戦いだ」とし、イランへの支持を鮮明にした。中国外務省が明らかにした。

 ザリフ氏は、イランの核問題をめぐって緊張が高まっていることについて「イランの責任ではない」と米国を批判し、「イランは戦争を望んでいない」とも語った。また中国が核合意の維持のために重要な役割を発揮していると称賛した。

 中国は巨大経済圏構想「一帯一路」の要衝に位置するイランとの関係を重視し、中露主導の上海協力機構(SCO)にイランが正式加盟することも歓迎する立場を示している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ