PR

ニュース 国際

イランのザリフ外相が訪中、王毅外相と会談へ

中国の王毅国務委員兼外相と会談するため、訪中したイランのザリフ外相(AP)
中国の王毅国務委員兼外相と会談するため、訪中したイランのザリフ外相(AP)
その他の写真を見る(1/4枚)

 【北京=西見由章】イランのザリフ外相は17日、中国の王毅国務委員兼外相と会談するため北京を訪問した。中国側は、米国が離脱したイラン核合意を順守する立場を改めて示し、他の参加国の履行継続に向けた協力を双方が確認するとみられる。

 中国はイラン産原油の最大の輸入国で、米国による全面禁輸に否定的な立場。中東の地域大国で巨大経済圏構想「一帯一路」の要衝に位置するイランとの関係を重視し、中露主導の上海協力機構(SCO)にイランが正式加盟することも歓迎する立場を示している。中国外務省の陸慷報道官は17日、「双方はともに関心ある問題について常に意見交換している」と述べた。

 国営イラン通信によるとザリフ氏は同日、核合意の継続には、合意参加国による「支援の声明」だけでは不十分で、「具体的な措置」が必要だと語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ