PR

ニュース 国際

トランプ政権、移民受け入れに新方針 能力主義に基づく受け入れを大幅拡大

 これに関しトランプ氏はこの日、「2020年の(大統領選と同時に行われる)議会選挙で共和党が下院を奪還し、(政策が)直ちに承認されるようにしよう」と訴え、16年に続き来年の大統領選でも移民問題を主要争点に据える考えを打ち出した。

 対する民主党は、呼び寄せ制限に強く反発するとみられる。また、新方針は幼い頃に親に連れられて不法入国し、救済措置「DACA」で強制送還の猶予を受けている若者の処遇について言及しておらず、民主党はDACA対策を優先事項にすべきだと主張する公算が大きい。

 一方、保守派の間では米国民の雇用を増やすため移民の総数を削減するよう唱える声も強い。

 トランプ氏は、「呼び寄せによる移民は総じて低技能で、米国内の雇用を奪う恐れが強い」と述べた上で、呼び寄せ移民を制限しメリットベースの移民を増やせば雇用と経済にはプラス効果を生むと指摘。新方針は「米国民と労働者、移民の味方だ」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ