PR

ニュース 国際

日立製新型車両、英で運行 AZUMA、15日から

14日、ロンドンのキングスクロス駅で公開された日立製作所製の新型車両「AZUMA(あずま)」(共同)
14日、ロンドンのキングスクロス駅で公開された日立製作所製の新型車両「AZUMA(あずま)」(共同)

 英国のロンドンと北部スコットランドを結ぶロンドン北東鉄道(LNER)は14日、日立製作所が納入した新型車両「AZUMA(あずま)」を日英メディアなどに公開した。あずまは15日に営業運転開始。架線から電気を取り込んで走行する「電車」でありながら、非電化区間でもディーゼル走行できるのが特徴だ。

 当面はロンドンから中部リーズまでの約300キロの電化区間を走行させ、いずれ北部エディンバラまで運行する予定。さらにエディンバラとインバネス、アバディーンを結ぶ非電化区間でも走らせる計画だ。

 LNERは今後、現行車両を全てあずまに置き換える予定。イースト・コースト線で使うため「イースト(東)」を日本語読みにした名前を付けた。あずまは従来のLNER車両より加速性能が優れ、LNERのギズビー会長は、目的駅までより速く到達でき「航空機と競える」と語った。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ