PR

ニュース 国際

パプア沖でM7・5 津波の恐れなし

 米地質調査所(USGS)によると、南太平洋のパプアニューギニア沖で14日午後10時58分(日本時間同9時58分)ごろ、マグニチュード(M)7・5の地震があった。米ハワイの太平洋津波警報センターは直後に津波の恐れがあるとしたが、間もなく恐れはほぼなくなったとした。

 震源はニューブリテン島ココポの北東約44キロ、震源の深さは10キロ。

 日本の気象庁も、地震による日本への津波の影響はないとしている。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ