PR

ニュース 国際

NY株617ドル下落 制裁強化で影響懸念、アップル株売られる

大幅に下落した株価を見る投資家ら=13日、ニューヨーク証券取引所(AP)
大幅に下落した株価を見る投資家ら=13日、ニューヨーク証券取引所(AP)

 【ワシントン=塩原永久】週明け13日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は、米中が互いに高関税を発動し合う対立激化への懸念が深まり、前週末比617・38ドル安の2万5324・99ドルで取引を終えた。今年2月以来、約3カ月ぶりの安値水準を記録し、下げ幅は一時700ドルを超えた。

 10日に米国が対中制裁関税を強化したのに対し、中国も13日、米国からの輸入品600億ドル分への関税率を引き上げる報復措置を発表。米中が対抗策を応酬させる厳しい対立局面に入ったとの見方から、取引開始直後から売りが広がった。

 米アップルが5・8%安と大きく下げた。米政府は10日の制裁強化に加え、新たに中国からの3千億ドル規模の輸入品に追加関税を課す準備に着手。中国で製造している同社のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」が含まれるとの見方から、アップルなどのハイテク銘柄が売り込まれた。

 中国を主要な製品輸出先とする米航空機大手ボーイングも4・9%安だった。建設機械のキャタピラーも下落が目立った。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は269・92ポイント安の7647・02と大幅反落した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ