PR

ニュース 国際

英仏独外相、イラン核合意維持で一致 ポンペオ氏とは個別会談へ

 13日、欧州の外相らと協議するためにブリュッセルのEU本部入りしたポンペオ米国務長官(AP=共同)
 13日、欧州の外相らと協議するためにブリュッセルのEU本部入りしたポンペオ米国務長官(AP=共同)

 【ベルリン=宮下日出男】英国とフランス、ドイツの3カ国外相は13日、イラン情勢をめぐり、ブリュッセルの欧州連合(EU)本部で協議し、マース独外相によると、イラン核合意を維持する方針で一致した。イランが核合意の一部履行停止の方針を表明後、英仏独の協議は初めて。

 一方、ポンペオ米国務長官は13日、予定していたモスクワ訪問を急遽変更し、ブリュッセルを訪問した。イラン情勢など「差し迫った問題」(米高官)について欧州側と協議するのが目的とした。英仏独外相と個別に会談する予定。

 英仏独外相の会合にはEUのモゲリーニ外交安全保障上級代表も参加。イランは米国の制裁で打撃を受ける原油取引などの維持を合意履行の条件に求めており、その対処などが議論されたとみられる。

 英仏独は核合意から離脱した米国と対立する一方、中東を不安定化させるイランへの懸念は共有。イランをめぐっては米国が中東に空母打撃群を派遣するなど緊張も高まっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ