PR

ニュース 国際

英仏独外相、イラン対応を協議 米国務長官も参加か

 【ベルリン=宮下日出男】英国とフランス、ドイツの3カ国外相は13日、イランが核合意の一部履行停止の方針を表明したことを受けた対応をめぐり、ブリュッセルで協議する。イランは、米国の制裁で打撃を受ける原油取引などの維持を合意履行の条件に求めており、その対処などが議論されるとみられる。

 一方、ポンペオ米国務長官は13日、予定していたモスクワ訪問を急遽(きゅうきょ)変更し、ブリュッセルを訪問する。イラン情勢など「差し迫った問題」(米高官)について欧州側と協議するのが目的とし、英仏独外相の会合に加わる可能性もある。

 英仏独は核合意堅持を目指し、合意を離脱した米国と対立する一方、中東地域を不安定化させるイランへの懸念は共有。イランをめぐっては、米国が攻撃準備の兆候がみられるとして中東に空母打撃群を派遣するなど緊張も高まっている。

 ポンペオ氏は14日には予定通り、ロシア南部ソチでプーチン大統領やラブロフ外相と会談する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ