PR

ニュース 国際

米大陸横断鉄道150年 伝説の蒸気機関車が登場

米大陸横断鉄道150年を祝う式典=10日、米ユタ州プロモントリー(共同)
米大陸横断鉄道150年を祝う式典=10日、米ユタ州プロモントリー(共同)
その他の写真を見る(1/3枚)

 1869年5月に最初の米大陸横断鉄道が完成して150年を祝う式典が10日、西部ユタ州ソルトレークシティーの約100キロ北にある、工事の最終区間となったプロモントリーなどで行われた。世界最大・最強級として知られる伝説の蒸気機関車(SL)「ビッグボーイ」が数年間の整備を経て登場、お祝いムードを盛り上げた。

 約6年間を要した当時の工事は一大事業。中国系やアイルランド系の移民、黒人、先住民、南北戦争の元兵士ら数万人が参加、大勢の犠牲者が出たことでも知られる。

 プロモントリーで行われた式典には大勢の関係者や鉄道ファンが集まり、台湾出身のイレーン・チャオ運輸長官が「移民の努力がなければ実現しなかった」と強調。シエラネバダ山脈のトンネル工事で亡くなった中国系移民を悼んだ。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ