PR

ニュース 国際

米中、袋小路に…構造改革、次のヤマ場は「大阪G20」

 だが、米国が構造改革のための是正策を確実にする法整備を中国に求めたのに対し、中国は政府機関の行政対応で是正可能だと主張。中国が最終段階で改革姿勢を後退させたことで、今週の妥結に向けた交渉は事実上決裂し、溝はむしろ深まったもようだ。

 米国は新たな3千億ドルの中国産品に高関税を課す制裁措置で、発動に必要な行政手続きを急ピッチで進める構えだ。米ブルームバーグ通信によると、9、10日の協議で米政府は中国側に「制裁発動までの3、4週間」が大筋合意に向けた猶予期間になると伝えたという。

 米中は今後も協議を続けることでは一致している。仮に中国が譲歩した場合には、「6月の日本でのG20首脳会議にあわせて(米中首脳が)調印して正式合意する」(米メディア)との観測も浮上している。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ