PR

ニュース 国際

北が「短距離ミサイル」2発発射 文氏「国連決議違反も」

ソウル駅に設置されたテレビで、北朝鮮の飛翔体発射のニュースを見る市民=9日(共同)
ソウル駅に設置されたテレビで、北朝鮮の飛翔体発射のニュースを見る市民=9日(共同)

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮が9日午後4時29分と同49分(日本時間同)、北西部の平安北道(ピョンアンプクト)・亀城(クソン)付近から1発ずつ、飛翔(ひしょう)体計2発を東方向に発射した。韓国軍合同参謀本部は「短距離ミサイルと推定される」と発表した。それぞれ約420キロと約270キロ飛行。ともに高度約50キロに達し、日本海に落下したという。米韓当局がさらに分析を進めている。

 北朝鮮は4日に日本海側で「戦術誘導兵器」などの訓練と称して短距離弾道ミサイルとみられる飛翔体などを複数発射していた。

 これに対し、トランプ米大統領が交渉継続の意思を示すなど米韓両政府は対北非難を抑制。北朝鮮が一定範囲内の発射なら国際社会の強い反発を招かないと判断し、さらなる軍事訓練に踏み切った可能性がある。

 米国の出方を探るとともに、金正恩(キム・ジョンウン)氏の朝鮮労働党委員長就任から3年に当たる9日に合わせて国威発揚を図ったとも考えられる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ