PR

ニュース 国際

米国で初めて黒人女性が三大ミスコン制覇 人種の壁越えて評価

昨年9月の「ミス・アメリカ」で優勝したオペラ歌手、ニア・フランクリンさん=アトランタ(AP)
昨年9月の「ミス・アメリカ」で優勝したオペラ歌手、ニア・フランクリンさん=アトランタ(AP)
その他の写真を見る(1/2枚)

 8日までに行われた米国を代表する今年の三大ミスコンテストで、黒人女性3人がそれぞれ栄冠に輝き、史上初の同時制覇を果たした。AP通信などが伝えた。トランプ政権下で人種差別など排他的な風潮が強まる中、審査員が人種の壁を越え評価したのは重要な意義があるとの指摘が出ている。

 報道によると、三大ミスコンの一つ「ミス・アメリカ」の昨年9月の大会で優勝したオペラ歌手ニア・フランクリンさん(25)は「奴隷制度の歴史を持つ米国では、人種の違いは重要な問題だ」と意義を強調した。ミス・アメリカは1940年代まで白人以外は出場を認められていなかった。黒人の初参加は70年で、歌手バネッサ・ウィリアムスさんが83年に黒人として初めて優勝した。

 他の二つのミスコンは今年4月の「ミス・ティーンUSA」と5月の「ミスUSA」。生まれつきの縮れ毛で出場したケイリー・ガリスさん(18)と、不公正な判決を受けた囚人の支援活動を続ける弁護士チェスリー・クリストさん(28)がそれぞれ優勝した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ