PR

ニュース 国際

ドイツ自動車3社が減益 1~3月、中国減速で

 ドイツ自動車大手3社の2019年1~3月期決算が7日出そろい、最終利益は前年同期と比べ全社減益となった。米中貿易摩擦などの影響で中国経済が減速し販売が落ち込んだことや不正への対応が必要になったためだ。

 フォルクスワーゲン(VW)は売上高が前年同期比3%増の600億1200万ユーロ(約7兆4000億円)だったが、最終利益は10%減の29億1200万ユーロにとどまった。排ガス規制逃れ問題を巡る訴訟などへの対応費用を計上したのが響いた。中国での販売も振るわなかった。

 メルセデス・ベンツで知られるダイムラーの純利益は8%減の20億9500万ユーロ。グループの販売台数が4%落ち込み、売上高もわずかに減少した。

 BMWは最終利益が5億6100万ユーロで75%も減った。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ