PR

ニュース 国際

【藤本欣也の中国探訪】ダライ・ラマなきチベット あふれていたのは“あの人”だった

「民族大団結万歳」と記されたスローガンの前で警備に当たる警察車両=青海省玉樹市(藤本欣也撮影)
「民族大団結万歳」と記されたスローガンの前で警備に当たる警察車両=青海省玉樹市(藤本欣也撮影)
その他の写真を見る(1/6枚)

 チベット仏教の最高指導者、ダライ・ラマ14世(83)が中国を脱出してインドに亡命してから60年が過ぎた。中国側は、この間のチベット自治区の発展ぶりを強調し、「もはやチベット族でダライ・ラマを熱愛している者などいない」と豪語する。実情を探るべく、“世界の屋根”と呼ばれるチベット高原を訪ねた。

     ◇

 青海省玉樹チベット族自治州玉樹市。人口約10万人の93%をチベット族が占める。平均海抜は4493メートル。もちろん、富士山より高い。空気が薄く、歩くだけで息が苦しくなる。

 玉樹市は2010年4月14日、マグニチュード(M)7・1の地震に見舞われ、死者・行方不明者2968人の大きな被害を出した。山崩れや建物の被害などは整備され、一見、被災地の惨状は過去のものになった観がある。

 山の斜面には、「民族大団結万歳」と記された巨大な中国語とチベット語の文字が躍っていた。

 訪れたのは3月下旬。残雪を踏みしめてとにかく前へ進む。風が冷たい。頭痛がしてきた。

 (危ない…このままでは高山病になってしまう。少し休ませてもらおう)

 ちょうど、道路沿いの家屋に入ろうとするチベット仏教の僧侶を見つけた。窮状を説明し、家に入れてもらった。驚いた。

 習近平国家主席が玄関で笑っていたからだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ