PR

ニュース 国際

米研究所、北の飛翔体は「短距離弾道ミサイル」

4日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が指導した火力打撃訓練の様子(朝鮮中央通信=共同)
4日、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長が指導した火力打撃訓練の様子(朝鮮中央通信=共同)

 【ワシントン=黒瀬悦成】北朝鮮が4日発射した飛翔(ひしょう)体に関し、米ミドルベリー国際問題研究所のジェフリー・ルイス上級研究員は5日、発射直後の衛星画像を基に、飛翔体は国連安全保障理事会の北朝鮮制裁決議違反となる「短距離弾道ミサイル」の発射だった可能性が高いとの見方を明らかにした。

 ルイス氏はツイッターでミサイルが昨年2月の軍事パレードに登場したロシア製「イスカンデル」を基にした短距離ミサイルと「同型だ」と述べた。

 また、北朝鮮が2006年に弾道ミサイル発射を8年ぶりに再開した際も短距離から始めたと指摘し、北朝鮮が今後、より長い射程の弾道ミサイル発射を本格化させる可能性があるとの見解を示した。

 北朝鮮が配備する従来の短距離ミサイル「スカッド」は液体燃料式だが、イスカンデルは固体燃料式で、発射に要する時間が大幅に短い。このため発射前に撃破するのが困難であるほか、高性能の誘導装置も搭載しているとみられ、韓国軍や在韓米軍には大きな脅威となる。

 一方、ポンペオ米国務長官は5日、ABCテレビの報道番組に出演し、飛翔体の射程は「比較的短距離」で「米国や韓国、日本に脅威を与えなかった」と強調。短距離弾道ミサイルかどうかは「分析中」とするにとどめた。

 ポンペオ氏はまた、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が約束した「発射凍結」の対象は大陸間弾道ミサイル(ICBM)だけで、今回は約束に違反したことにはならないとも語った。

 今回発射されたのが弾道ミサイルであれば、北朝鮮の弾道ミサイル計画に関わる全ての活動の停止を求める国連安保理決議1695号の明白な違反となる。

 しかし、ポンペオ氏は「検証された非核化を実現する機会はまだある」などと述べ、非核化交渉の進展を優先させる立場から、北朝鮮の動きを見極める考えを前面に打ち出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ