PR

ニュース 国際

「金正恩氏がロケット砲訓練指導」 日本海上で実施と北朝鮮

北朝鮮が行った火力打撃訓練の様子=4日(朝鮮中央通信=ロイター)
北朝鮮が行った火力打撃訓練の様子=4日(朝鮮中央通信=ロイター)
その他の写真を見る(1/7枚)

 北朝鮮の朝鮮中央通信は5日、金正恩朝鮮労働党委員長が4日、日本海上で行われた火力打撃訓練を指導したと報じた。大口径の長距離放射砲(多連装ロケット砲)や戦術誘導兵器の運用能力を点検したとしている。

 韓国軍は北朝鮮が4日午前、日本海に面した東部の虎島半島付近から日本海方向に飛翔体数発を発射し、70~200キロ程度飛行したと発表しており、このことを指すとみられる。弾道ミサイルでなかったことが報道により確認された。 トランプ米大統領は米東部時間4日「(金氏は)私との約束を破るつもりはないだろう。ディール(取引)は起きる!」とツイッターに投稿した。金氏が昨年表明した核・弾道ミサイル実験の中止を維持しているとの認識を示し、米朝交渉継続への意欲を表明した形だ。 朝鮮中央通信は、訓練が「わが国の自主権を害そうとすれば容赦なく反撃する軍の意志を誇示した」と強調。金氏が迅速な対応能力に満足の意を表したと伝えた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ