PR

ニュース 国際

世界最大級の闇サイト摘発 欧米当局、百万人超利用か

 ドイツと米国の捜査当局は3日、世界最大級の闇サイト「ウォールストリート・マーケット」を運営したなどとして両国の5人を逮捕し、サイトを閉鎖したと発表した。同サイトでは薬物やマルウエア(悪意のあるソフト)、偽造書類など6万以上の「商品」が違法に売り出され、ドイツメディアによると、100万人以上が利用し、約5400人が売り手として登録していた。

 同サイトは匿名化ソフトを使ってのみ接続できるネット空間「ダークウェブ」上で世界2位の規模の違法売買サイトだった。ダークウェブは犯罪の温床となっており、各国が捜査を進めている。

 ドイツ当局は同サイトを共同で運営していたとみられる22歳~31歳のドイツ人3人を逮捕し、コンピューターや現金、仮想通貨を押収した。3人はサイトでの取引額の一部を手数料として受け取っていたという。

 米国で逮捕された2人は麻薬の大物密売人とされ、米当局者は地元メディアに「(サイトの)運営者は欧州に、密売人と客の多くは米国にいた」と述べた。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ