PR

ニュース 国際

「米中が来週末にも合意」 貿易協議で報道 関税は段階下げで妥結

(左から)トランプ米大統領(ロイター)、中国の習近平国家主席
(左から)トランプ米大統領(ロイター)、中国の習近平国家主席

 【ワシントン=塩原永久】米政治専門サイト「ポリティコ」は1日、米国と中国の貿易協議が来週末までに妥結する可能性があるとの見通しを伝えた。同日までに、対立点だった米国による対中制裁関税について、米国が段階的に撤廃することで中国と大筋合意したためだという。ただ、関税の扱いでは詰めの作業が残されており、流動的な要素があるとみられる。

 報道によると、中国による知的財産権の侵害を理由に、米国が中国からの輸入品の計2500億ドル(約27兆8千億円)分に課した追加関税について、まず、10%を課した2千億ドル分の一部を速やかに撤廃し、残りを段階的に削減していく。25%を課した500億ドル分は、来年の米大統領選後まで据え置き、追加関税を維持することで中国に合意事項の順守を迫るという。

 1日まで米国から通商代表部(USTR)のライトハイザー代表とムニューシン財務長官が北京を訪れ、中国の劉鶴副首相と会談した。8日から劉氏が米首都ワシントンを訪問し、閣僚協議を再開する予定だ。米メディアによると、米中両政府は協議妥結後、首脳会談を開いて合意文書に調印する段取りを描いている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ