PR

ニュース 国際

ローゼンスタイン米司法副長官が辞表 5月11日に退任へ

ロシアが干渉した疑惑の捜査を監督し、退任が決まったローゼンスタイン司法副長官=21日、ワシントン(ロイター)
ロシアが干渉した疑惑の捜査を監督し、退任が決まったローゼンスタイン司法副長官=21日、ワシントン(ロイター)

 【ピッツバーグ=黒瀬悦成】2016年米大統領選にロシアが干渉した疑惑の捜査を監督していたローゼンスタイン司法副長官が4月29日、トランプ大統領に辞表を提出した。5月11日に退任する。ローゼンスタイン氏の後任にはジェフリー・ローゼン運輸副長官が既に指名されている。

 ローゼンスタイン氏は17年4月に副長官に就任。同年5月にコミー連邦捜査局(FBI)長官がトランプ氏に解任された直後、ロシア疑惑を独立捜査する特別検察官にロバート・モラー元FBI長官を指名した。

 また、トランプ氏が司法長官代行にマシュー・ウィテカー氏を任命した昨年11月以降は、ロシア疑惑の捜査の監督役を退いていた。

 ローゼンスタイン氏は、疑惑の捜査が終結し、報告書が今月18日に公表されたのを受け、自主的に退任したとみられている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ