PR

ニュース 国際

金正恩氏が列車でロシア入り、国境の駅で歓迎式典

ロシアへ向けて出発する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長。朝鮮中央通信が24日伝えた(朝鮮中央通信=共同)
ロシアへ向けて出発する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長。朝鮮中央通信が24日伝えた(朝鮮中央通信=共同)

 【ウラジオストク=小野田雄一、ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は24日午前、専用列車でロシアとの国境を越えて露極東沿海地方のハサン駅に到着した。イタル・タス通信が伝えた。朝鮮中央通信など北朝鮮国営メディアは24日、金正恩氏が同日未明に出発したと報じていた。午後にも露極東ウラジオストクに到着し、プーチン露大統領と25日に初の首脳会談に臨む。

 ハサン駅では、コズロフ極東・北極圏発展相ら露高官が出迎え、歓迎式典が開かれた。金正恩氏が女の子から花束を受け取り、金日成(イルソン)主席の旧ソ連訪問に合わせ1986年に建てられた「ロシア・朝鮮友好の家」も訪問。金正日(ジョンイル)総書記も訪れたことがあり、3代にわたる露朝友好を内外に印象付ける狙いとみられる。

 朝鮮中央通信は、列車がどこから発車したか伝えておらず、平壌ではなく、露側に近い北東部の駅から乗り込んだ可能性がある。北朝鮮メディアが金正恩氏の訪露を報じるのは2日連続。2月に米朝首脳再会談が物別れに終わった後も、経済好転に向けて外交に邁進(まいしん)する指導者の姿を際立たせ、国民の期待感を引き出す意図がうかがえる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ