PR

ニュース 国際

朝露首脳、25日に会談 ウラジオストク 核問題など議題

ロシアのウラジオストク国際空港に到着した北朝鮮国営高麗航空の臨時便=23日(共同)
ロシアのウラジオストク国際空港に到着した北朝鮮国営高麗航空の臨時便=23日(共同)
その他の写真を見る(1/3枚)

 【ウラジオストク=小野田雄一、ソウル=桜井紀雄】ロシアのウシャコフ大統領補佐官は23日、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が露極東ウラジオストクを訪問し、25日にプーチン大統領と首脳会談を行うと発表した。北朝鮮の国営メディアも23日に金正恩氏がプーチン氏の招請で訪露し、首脳会談を行うと一斉に報じていた。両首脳の初会談で、北朝鮮最高指導者の訪露は金正恩氏の父、金正日(ジョンイル)総書記による2011年8月以来、約8年ぶり。

 ウシャコフ氏は「会談の中心的関心は当然、朝鮮半島の核問題の政治的・外交的な解決になるだろう」と述べた。会談後の文書の署名や共同発表は予定されていないという。

 ベトナム・ハノイで2月末に物別れに終わった2回目の米朝首脳会談以後、金正恩氏の外国訪問は初めて。対米非核化交渉が膠着化する中、金正恩氏が目指す国際社会による主要制裁の解除に向けた支持や、石油や食糧などの支援の約束を、ロシアから取り付けるのが狙いとみられる。

 露メディアによると、23日に専用列車で平壌を出発して24日にウラジオストクに到着、会談はルースキー島の極東連邦大学で行われる見通し。平壌からウラジオストクまで列車で二十数時間かかるとされ、露側の国境都市、ハサンなどに立ち寄る可能性がある。

 露紙コメルサントによると、北朝鮮からは約230人が同行。金正恩氏は26日までの滞在中、大学構内のホテルに宿泊し、市内視察も行うもようだ。太平洋艦隊の博物館やマリインスキー劇場支部などが視察先候補に挙がっている。23日には、北朝鮮国営、高麗航空の臨時便もウラジオストクに到着した。警護要員や資材を運んだとみられる。

 米朝首脳会談などの準備も担ったキム・チャンソン国務委員会部長が事前に現地入りし、会談場所や駅、視察先を点検してきた。韓国紙、朝鮮日報は23日、金正恩氏の妹の金与正(ヨジョン)党第1副部長が22日に先発隊としてウラジオストク入りしたと伝えた。金与正氏は、南北首脳会談や米朝首脳会談でも会談の進行に目を配る姿が頻繁に目撃された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ