PR

ニュース 国際

ノートルダム再建祈り、パリ市民集う

18日、パリで開かれたノートルダム寺院火災の消火活動で活躍した消防隊員らをたたえる式典。イダルゴ市長(左から2人目)らが出席した(ゲッティ=共同)
18日、パリで開かれたノートルダム寺院火災の消火活動で活躍した消防隊員らをたたえる式典。イダルゴ市長(左から2人目)らが出席した(ゲッティ=共同)

 【パリ=三井美奈】パリ市役所前広場で18日、火災で損壊したノートルダム大聖堂の再建に向けた式典が開かれた。

 大聖堂はセーヌ川を挟んで市役所の向かいに立っており、式典では聖堂のためにバッハの無伴奏組曲が奏でられ、文豪ユゴーの作品「ノートルダム・ド・パリ」が朗読された。

 イダルゴ市長が延焼を食い止めた消防隊員を壇上に迎え、「限りない感謝を献げたい。命がけで大聖堂を崩壊から救ってくれた」と述べると、大きな拍手がわき起こった。

 大聖堂は火災で石柱の劣化が激しく、周囲は立ち入りが禁止されたまま。クレーンや小型無人機(ドローン)を使って、被害状況の調査が行われている。仏外務省は18日、再建に向けた各国からの支援窓口となる大使の指名を発表した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ