PR

ニュース 国際

ペスコフ露報道官「必要あれば大統領に報告」 ロシア疑惑の報告書公表

ロシアのペスコフ大統領報道官(ロイター)
ロシアのペスコフ大統領報道官(ロイター)

 【モスクワ=小野田雄一】米司法省が18日、ロシア疑惑をめぐるモラー特別検察官の捜査報告書を公表したことを受け、ロシアのペスコフ大統領報道官は同日、報告書の内容を精査した上で必要に応じてプーチン大統領に報告するとの考えを示した。イタル・タス通信が伝えた。

 ペスコフ氏は、報告書の内容がプーチン氏に伝えられるかとの質問に「その前に報告書を精査し、分析に値する内容があるか調べる必要がある」と述べた。

 報告書は2016年の米大統領選へのロシアの干渉疑惑をめぐり、トランプ大統領陣営とロシア側の共謀を否定した一方、ロシアによる干渉は認定。ロシアは干渉を否定している。

 ペスコフ氏は報告書の公表前には「ロシアにとって、報告書は議論対象でも興味対象でも懸念対象でもない。報告書は何ももたらさない」などと述べていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ