PR

ニュース 国際

金正恩氏が「新型戦術誘導兵器」試射視察を発表 ポンペオ氏交代も要求

16日、朝鮮人民軍航空・対空軍第1017軍部隊の飛行訓練を視察する金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=朝鮮通信)
16日、朝鮮人民軍航空・対空軍第1017軍部隊の飛行訓練を視察する金正恩朝鮮労働党委員長(朝鮮中央通信=朝鮮通信)

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の朝鮮中央通信は18日、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が17日に国防科学院が実施した「新型戦術誘導兵器」の発射実験を視察したと報じた。兵器の詳しい種類には触れていない。金氏が発射中止を宣言した大陸間弾道ミサイル(ICBM)などの長距離弾道ミサイルではなく、米国や日本には届かないもよう。短距離精密誘導ミサイルなどの可能性が指摘されている。

 金氏による兵器実験の視察は、昨年11月に「先端戦術兵器」実験の視察が報道されて以来、5カ月ぶり。前日には、朝鮮人民軍の航空部隊訓練の抜き打ち視察が報じられていた。

 また、朝鮮中央通信によると、北朝鮮外務省のクォン・ジョングン北米局長は18日、ポンペオ米国務長官が金氏に関する「妄言を吐いた」などと非難。米朝の非核化交渉に関われば、こじれるだけだとして別の人物への交代を求めた。

 国内外に国防力強化の意思を誇示すると同時に、2月の米朝首脳再会談の物別れに絡み、米側の責任を追及し、トランプ政権に揺さぶりを掛けた形だ。

 実験に立ち会った金氏は「この兵器体系の開発・完成は、軍の戦闘力強化で極めて大きな意義を持つ出来事だ」と述べ、「大きな満足の意」を示した。軍需生産を維持して国防科学技術を最先端レベルに引き上げるよう戦略的目標を提示。「意を決しさえすれば、つくれない兵器などない」とも強調し、「きょうの成果は、党の国防科学技術重視政策の正当性と自立的国防工業の威力に関する明白な誇示だ」と主張した。

 兵器は「特殊な飛行誘導方式と威力ある弾頭を装着」し、実験は異なる目標に応じたさまざまな発射方式で行われた。朝鮮中央通信は「設計上の指標が完璧に検証された」と伝えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ