PR

ニュース 国際

インドネシア大統領選、現職ジョコ氏が優勢

17日、インドネシアの首都ジャカルタで投票を終え、投票済みの目印となるインクが付いた指を見せるジョコ大統領(左)と夫人(共同)
17日、インドネシアの首都ジャカルタで投票を終え、投票済みの目印となるインクが付いた指を見せるジョコ大統領(左)と夫人(共同)

 【ジャカルタ=森浩】5年に1度のインドネシア大統領選が17日、実施された。現職大統領のジョコ氏(57)と、元陸軍特殊部隊司令官で最大野党グリンドラ党党首のプラボウォ氏(67)の一騎打ちは、現地調査機関の出口調査でジョコ氏が10ポイントほどリードし、優勢にあるとみられる。

 インドネシアでは1998年のスハルト独裁政権の崩壊後、直接投票による大統領選は4回目。ジョコ氏が推進してきた経済政策の是非が焦点となり、世界最多のイスラム教徒人口を抱える国内で勢いを増しているイスラム保守層の投票行動が注目された。

 軍や政治のエリート層出身ではないジョコ氏は“庶民派”をアピールしつつ、インフラ開発や物価安定などでの実績を強調した。食料品の支給、職業訓練、学費支援の3つの公約を打ち出し、再選されれば「人材開発に注力する」と呼びかけて、支持拡大を狙った。

 プラボウォ氏はスハルト政権時代に出世を重ねた軍のエリートで、イスラム強硬派団体を含む保守派の支持を受けた。「強いリーダー」というイメージも集め、強権的だったスハルト時代の記憶が薄い若い世代からの支持も厚い。

 インドネシアの選挙管理委員会によると、有権者は約1億9300万人で、インド、米国に次ぐ規模の有権者を抱える民主主義国家。大統領選と同時にこれまで別の日程で行われてきた総選挙も実施されたが、目立った混乱はなかった。選管は5月22日までに最終結果を発表する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ