PR

ニュース 国際

安倍首相「『令和』の時代に共に歩もう」 アラブ・ジャパン・デーで

アラブ・ジャパン・デー・レセプションで、アラブ諸国の大使らと記念撮影をする安倍晋三首相(中央)=16日午後、東京都港区(代表撮影)
アラブ・ジャパン・デー・レセプションで、アラブ諸国の大使らと記念撮影をする安倍晋三首相(中央)=16日午後、東京都港区(代表撮影)

 安倍晋三首相は16日、東京都内のホテルで開催された「アラブ・ジャパン・デー」(駐日アラブ諸国外交団主催)のレセプションに出席し、「『令和』の新しい時代に日本とアラブ諸国の関係の可能性は無限に広がっている。輝かしい未来に向かって、ともに歩むことを約束する」と述べた。

 首相は政府が「復興五輪」と位置づける来年の東京五輪・パラリンピックに触れ、「復興が着実に進展している被災地の現状を知ってもらい、被災地の安心・安全な産品を食べていただきたい」と訴えた。自身が福島県産米を毎日食べていることも紹介し、「自民党の総裁選で3選を果たすことができた。安全性は折り紙つきだ」と笑いを誘った。

 同席した小池百合子東京都知事は「次の10年、20年、50年、100年後の日本とアラブ諸国の友好関係を次世代の若者とともに考え、実行していこう」と呼びかけた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ