PR

ニュース 国際

金正恩氏、権力基盤固めも経済・外交ともに隘路に…

北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長
北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長

 【ソウル=桜井紀雄】北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は、指導部の人事刷新を図り、公約である経済再建を目指して権力基盤をさらに固めた。だが、国際社会による制裁の影響は顕在化。制裁緩和に向けて米国との非核化交渉を進めるにも、国内での反対論に直面し、対米交渉では打つ手を見いだせずにいる。

 10日の党中央委員会総会で広い会場の壇上には、金氏1人だけの姿があった。他の幹部もひな壇に並んだ昨年の総会とは雰囲気が一変。韓国統一省当局者は「金委員長の絶対的権力を象徴しながら強化された地位を表す」と分析した。

 金氏は「自力更生の旗を掲げて社会主義強国を建設することが確固不動の路線だ」と宣言し、25回も「自力更生」との言葉を連呼した。制裁で国民に我慢を強いるしかない現状を最高指導者自ら認めたに等しい。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ