PR

ニュース 国際

イスラエル選挙、ネタニヤフ首相が続投へ連立協議 野党が敗北宣言

右手を上げて支持者に応えるイスラエルのネタニヤフ首相=10日、テルアビブ(AP)
右手を上げて支持者に応えるイスラエルのネタニヤフ首相=10日、テルアビブ(AP)

 【エルサレム=佐藤貴生】9日投票のイスラエル国会(一院制、定数120)選挙で、AP通信は11日、ガンツ元軍参謀総長(59)率いる野党の中道政党連合「青と白」のナンバー2、ラピド氏が、「今回は勝てなかった。結果を尊重する」と敗北宣言したと伝えた。

 ネタニヤフ首相(69)が、来週にも連立政権に向けて協議を始め、続投する見通しだ。

 AP通信はネタニヤフ氏率いる右派「リクード」の予想獲得議席を「青と白」と同じ35と伝えている。

 ただ、「リクード」に近い右派・宗教勢力全体で65議席となる見込み。中道・左派勢力は55議席にとどまるという。選管は近く正式な選挙結果を発表する。

 結果を受け、リブリン大統領は週明けにも各党代表者と面談するが、ネタニヤフ氏が首相の指名を受ける可能性が高い。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ