PR

ニュース 国際

“建国”祝うはずが…文在寅大統領、式典欠席し訪米 北に振り回され

韓国の文在寅大統領(韓国大統領府提供・共同)
韓国の文在寅大統領(韓国大統領府提供・共同)

 【ソウル=名村隆寛】日本の朝鮮半島統治下の1919年に、中国上海で独立運動家らによる「大韓民国臨時政府」が設立されてから11日で100年となる。この日を建国の日とみなす韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、記念日を式典で大々的に祝うはずだったが、ワシントンで同日行われる米韓首脳会談のため10日、米国に向け出発した。

 韓国では、朝鮮半島の南北分断下で李承晩(イ・スンマン)初代大統領が就任した1948年8月15日が建国記念日だ。しかし、文在寅政権は昨年8月の建国記念日を「政府樹立70周年」とした。また、100年前の19年3月に日本の朝鮮半島統治に対する「三・一独立運動」が起きたことも合わせ今年を重視し「新たな100年」というスローガンを掲げた。

 「臨時政府記念館」(2021年8月完成予定)の設立のほか、臨時政府に参画した独立活動家、金九(キム・グ)の記念館で2月に閣議を開くなど、文氏は臨時政府による“建国”に相当入れ込んでいる。だが、文氏は臨時政府の記念日よりも、北朝鮮問題をめぐるトランプ米大統領との会談を優先せざるを得なかった。

 訪米を前に文氏は9日の閣議で「大韓民国臨時政府は韓国のルーツであり、今の韓国を作った原動力だ」と強調。「三・一運動で誕生した臨時政府は解放まで日本に立ち向かい、自主独立運動の中心として使命を果たした」と語った。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ