PR

ニュース 国際

「奈緒がいたから挑戦できた」平昌五輪の小平と李相花に「韓日友情賞」

「韓日友情賞」授与式で、指でハートマークをつくって記念撮影に応じる小平奈緒(中央)、李相花両選手=7日、ソウル(桜井紀雄撮影)
「韓日友情賞」授与式で、指でハートマークをつくって記念撮影に応じる小平奈緒(中央)、李相花両選手=7日、ソウル(桜井紀雄撮影)
その他の写真を見る(1/3枚)

 韓国で昨年2月開催された平昌五輪のスピードスケート女子500メートルで、金メダルに輝いた小平奈緒選手とライバル対決を演じた2位の李相花(イ・サンファ)選手(韓国)に7日、平昌五輪の遺産継承に取り組む「2018平昌記念財団」から「韓日友情賞」が授与された。

 レース後、リンクでむせび泣く李選手に小平選手が近寄って肩を抱き、韓国語で「チャレッソ(よくやったね)」とねぎらい合った場面が感動的だと、日韓双方で大きな話題となった。

 ソウルで開かれた授与式で、小平選手は「思いがけず大きな注目を浴びたが、私たちにとってごく自然なものだった」と説明。大会後、李選手から「奈緒がいて私がいる。私がいて奈緒がいる」とのメッセージをもらったことを紹介し、「お互いから学び、励まし、励まされ、成長してきた私たちを表すメッセージだと感じた」と語った。

 李選手は「奈緒がいたからこそ今まで挑戦してこられた」と振り返った。記念撮影の際、韓国で流行する指で小さなハートマークをつくる方法を李選手が小平選手の手を取って教えるなど、自然と仲の良さがにじみ出ていた。(ソウル 桜井紀雄)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ