PR

ニュース 国際

メイ英政権と労働党チームが妥協案探るも結論出ず

 【ロンドン=板東和正】英国の欧州連合(EU)からの離脱をめぐり、メイ政権と最大野党・労働党の幹部で構成した交渉チームが4日、双方が合意する離脱協定案を探る協議を行った。協議は約4時間半にわたったものの結論は出ず、5日も継続する予定だ。メイ首相は、経済の混乱が懸念される「合意なき離脱」を回避するため、離脱期限の12日までに、労働党と作成した妥協案を英下院で可決させる狙いだが時間はほとんど残されていない。

 4日の協議では、メイ政権側からバークレイ離脱担当相ら数人の幹部が出席。労働党側はEU離脱問題を担当するスターマー議員らが参加した。協議終了後、スターマー氏は記者団に「深い議論ができた」などと述べたが、具体的な協議内容は明かさなかった。

 EUのユンケル欧州委員長は、短期間の離脱再延期を認めるためには、英下院が離脱期限の12日までにEUとの協定案を可決する必要があると主張している。英首相報道官は4日、10日に招集されるEU首脳会議の1日以上前に、英国の離脱方針に関する計画を定め、EUのトゥスク大統領に書簡を送る必要があると説明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ