PR

ニュース 国際

B52爆撃機2機が東シナ海上空で空自などと共同訓練

 【ワシントン=黒瀬悦成】米太平洋空軍は4日、米空軍のB52戦略爆撃機2機が3日、グアムのアンダーセン空軍基地を飛び立ち、東シナ海上空で航空自衛隊の複数の戦闘機や米軍嘉手納基地所属の複数のF15戦闘機と共同訓練を行ったと発表した。日本周辺への飛来を繰り返す中国軍機を牽制(けんせい)する狙いがあるとみられる。

 太平洋空軍報道室は声明で「米航空機は同盟、パートナー諸国と自由で開かれたインド太平洋を支援するため恒常的に日本の付近で作戦行動を行っている」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ