PR

ニュース 国際

北への瀬取り疑いで韓国籍船、半年留め置き

 【ソウル=名村隆寛】聯合ニュースなど韓国メディアは3日、韓国籍の船舶が国連安全保障理事会による対北朝鮮制裁決議を逃れるため、北朝鮮船舶に海上で石油製品を提供した「瀬取り」の疑いで、昨年10月から釜山(プサン)港で留め置き状態になっていると報じた。

 韓国籍の船が瀬取りの疑いで港に留め置かれたのは初めて。韓国外務省なども該当船舶が調査中であることを認めている。

 また、他国籍の船舶3隻も北朝鮮の石炭を運搬した疑いなどがあり、韓国の港に留め置かれている。問題の船舶の扱いについては米国と協議しているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ