PR

ニュース 国際

習近平氏、華為排除の「ファイブアイズ」切り崩しへ

会談前に握手するニュージーランドのアーダン首相(左)と中国の習近平主席=1日、北京(共同)
会談前に握手するニュージーランドのアーダン首相(左)と中国の習近平主席=1日、北京(共同)

 【北京=西見由章】中国の習近平国家主席は1日、訪中したニュージーランドのアーダン首相との会談で「中国企業に公平で公正、差別のない経営環境を提供すべきだ」と求めた。次世代通信規格「5G]をめぐって通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)製品を排除する動きが強まる中、米国など5カ国で機密情報を共有する枠組み「ファイブアイズ」の一角を切り崩す狙いがある。

 華為をめぐっては、トランプ米政権が5G通信網の整備から排除するよう他国に要求。ファイブアイズを構成するオーストラリアが参加を禁じたほか、ニュージーランドの情報機関も「通信の安全上著しい危険がある」と指摘し、昨年11月に現地通信大手のスパークが華為製品を使用しない方針を示した。

 ただニュージーランドにとって中国は最大の貿易相手国で、対中関係悪化は自国経済に大きな打撃を与えかねない。アーダン氏は習氏らとの会談前、自国メディアに「華為製品を禁止したわけではない」などと発言し、含みを持たせた。中国国営新華社通信によると、アーダン氏は李克強首相との会談で、華為問題を念頭に「重大な問題に関しては国益に沿って独立した判断を下す」と述べた。

 豪州とニュージーランドはオセアニア地域での中国の影響力拡大に警戒感を高めているが、より強硬なのは豪州だ。中国紙の環球時報は2日付社説で、豪州に対して「冷淡な態度を維持」し「戦略的な喪失感」を味わわせるべきだとしてニュージーランドとの待遇の差別化を提言した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ