PR

ニュース 国際

日中イノベーション対話が初会合

 【北京=西見由章】日中両政府高官が先端技術分野の協力について話し合う「イノベーション協力対話」の初会合が2日、北京で開かれた。昨年8月に両国の業界団体が覚書を交わした電気自動車の急速充電器の次世代規格統一や、水素燃料に関する規制、スマートシティー開発におけるデータの取り扱いなどについて意見交換した。日本側は、協力には知的財産権保護の取り組みが重要だとの立場も伝えた。

 日本からは山崎和之外務審議官や寺沢達也経済産業審議官、中国側からは林念修・国家発展改革委員会副主任らが参加した。同行筋によると、次世代通信規格「5G」は議題にならなかったという。

 昨年10月に安倍晋三首相が訪中した際、同協力対話を創設することで日中両政府が一致していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ