PR

ニュース 国際

「英国は何がしたいのか」EUに懸念といら立ち

採決が行われた英下院=29日、ロンドン(ロイター)
採決が行われた英下院=29日、ロンドン(ロイター)

 「英国は一体何がしたいのか」-。英下院が29日、欧州連合(EU)離脱合意案の主要部分である離脱協定を否決したことを受け、ブリュッセルのEU本部や欧州諸国では、欧州の物流や市民生活に大混乱を招きかねない「合意なき離脱」への懸念や英側へのいら立ちが渦巻いた。

 フランス大統領府は「合意なき離脱の可能性が跳ね上がった」などとする声明を発表。「英国は2、3日中に代替案を示す必要がある。しくじれば、EUを合意なく去ることになるだろう」と半ば突き放したように指摘した。

 ドイツのマース外相はツイッターで「無秩序な離脱を避けるための時間がなくなってきた」と訴える一方「ドイツもEUもどんな状況にも十分に準備している」と述べ、市民や経済界の不安解消に努めた。

 EUのバルニエ首席交渉官は「英国がレッドラインを動かすなら、われわれも一層意欲的に取り組む用意がある」と強調し、EU関税同盟への残留など、政策の見直しを促した。(共同)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ